5歳の息子のふぇてぃしずむ 

August 3, 2017 Madoka 0

息子が、ママ大好きと甘えてくるので、 どこが好きなの? と聞いてみると 「わきがすき」 といいました。   つづけて、 「左が普通のクッキー、右がジンジャーブレッドクッキー」 というので、詳しく聞こうとしたら脇に 額をごしごしをこすりつけてきましたので、 […続きはここから]

小学生サマーキャンプ 料理編

July 28, 2017 Madoka 0

こちらは6月末からすでに夏休みです。ぜんぜん暑くないけど休みです。 休みとはいっても、娘はすごく忙しく過ごしていたりします。 先週はクッキングキャンプ、 今週はホテル主催のサマーキャンプ、 来週か3週間、テクノロジーと数学とアートのキャンプ。 キャンプというと泊りがけでテントはってと想像しがちですが、 こちらで一般に言われるサマーキャンプというのはたいてい 毎日9時から4時くらいまで子供達が集まって、 集団でゲームや運動などの活動をするものになります。 ダンスや体操、演劇、サッカーなどテーマが絞られているキャンプもあるし、 […続きはここから]

ズッキーニに余計なお世話をする

July 26, 2017 Madoka 0

夏なのに、ぜんぜん暑くなーい。 トロント近郊の夏は過ごしやすくて、これに慣れるとアジアに帰れなくなってしまいそうですが、 今年は例年以上に過ごしやすいです。 というよりも、寒かった。 昨日なんて、公園で遊んでいる子も親もジャケットはおってましたよ。 気温をみたら18度。 芝はうれしそうですがね、野菜たちはちぢこまってます。 え?もう秋なのですか?と疑う温度ですよね。 そんな話をしていたら、友人が いやでも旧暦だとまだまだ、、、 […続きはここから]

眠れない夜の数々を越えて 夜驚症って何?

July 18, 2017 Madoka 0

昼間はなんだかんだと動いたり何か家の用事で忙しくしていることが多いので、 夜、子らが寝静まってからが自分の時間本番だ。 レシピやブログを書いたり、翌日の料理の下準備をしたり。 しかしここ数ヶ月、息子のあることで困っていた。 さっきも換気扇をつけて料理をしながら、 息子が泣いていやしないかハラハラしていた。 途中で換気扇を消して廊下に行き耳をすまして 息子が泣いていないことを確認してからまた料理に戻ったりして。 昨日は11時だった。 大体息子が寝入ってから30分から一時間ほどたったときが […続きはここから]

誕生日会アイデア 誕生日プレイデート カップケーキ作りとDoor Prize

June 5, 2017 Madoka 0

お久しぶりです。 春の訪れに浮かれていたら、花粉と気温差にやられていましたよ。 水仙にチューリップが終わり、芝桜のピークが過ぎて 今はコリアンライラックが花盛りです。 香水の元にもなるライラックの香りは魅惑的で、 香りを逃すまいと木の周りを意味も無くうろついたりしています。 そしてたまに強すぎる香りのもくもくにあたってむせ返っています。 さてさて、最近娘の誕生日がありました。 去年は15人ほどの友達をよんで大きな誕生日会をしましたが、 今年はそんなことをやる余裕もなかったので、 […続きはここから]

呼び名あれこれ

May 6, 2017 Madoka 0

「まどかさん」と言われると、うふっとなる。いや、昔はなっていた。 「苗字+さん」、じゃなくて、「まどかさん。」 「もりさん」だと一定の距離感のある無味乾燥な呼びかただけれど、 「まどかさん」になると距離がだいぶ縮まるし、自分のグレードもちょっと上がった感じがする。 仕事上でも個人間でも年上の方とお付き合いする機会が多かったが、 ちゃんとしていない自分が一人前の呼びかたで呼んでもらえることがくすぐったかった。 しかしあまり親しくもない年上の男性から「まどかちゃん」と呼ばれると、なんとなくムッとした気持ちになったりした。 子ども扱いしてほしくないし、キャバ嬢みたいなのがいやだった。 「まどかくん」はいい。リスペクトがある。 反対に、年上の女性からは「まどかちゃん」と呼ばれると少し嬉しかったかな。女性に甘えたかったのかもしれない。甘えられる信頼の置ける人や私の小さい頃を知る人であれば、年上男性でもそう呼ばれるのは心地よいものであったりもする。 […続きはここから]

雲と私

May 3, 2017 Madoka 0

雲を眺めるのがすき。 昔からいつも雲とか空ばかりみている気がする。 筆でさらっとかいたようなすじ雲の線の味わいを楽しむのもいいし、 ぽかりふわりと浮かんでいる積雲はのどかでうれしい気分になる。 迫りくるような入道雲のもくもくは何か起こりそうでなんだかドキドキ。 雲の割れ目から突き抜けた太陽の光が四方を照らし始める様子はなんとも神々しくていい。 最近体調不良。天気もどんよりとしている。 雲が空全体を覆い、雲の形も見えなけりゃ空の青もなし。 もやもやの白が自分の中にもはいってきて侵食されてしまった。 もう何日も。 […続きはここから]

ちょっとだけ

April 3, 2017 Madoka 0

以前の記事我慢の子で、 病気の息子を優先して看病し、娘を後回しにせざるをえなかった話を書きましたが、 今晩のよみきかせで、これを読んで、と娘がもってきたのはこの本でした。 『ちょっとだけ』 瀧村 有子/鈴木 永子 弟ができてお姉さんになったなっちゃんが、 忙しいお母さんに迷惑をかけないように 色々なことをちょっとだけ我慢をしながら ひとりでできるように頑張って […続きはここから]

ペット ~~風をあつめて

March 12, 2017 Madoka 0

うちの子供達は小さいころから生き物が好きなようです。 娘は4,5才の頃からバッタ、アリ、ハエなどの昆虫を手なずけていましたし、 テレビもディスカバリーチャンネルの弱肉強食の動物社会を見ながら 姉弟抱き合って、”弱い”動物側の応援をしていました。 実際は、”弱い””強い”に関係なく動物全般が好きなようですが。 そんな子供たちですが、 (とくに娘が)ことあるごとにペットを飼いたい、ペットを飼いたい、 と哀願してくるので、そのたびに、 「うちには(コンポスト用の)みみずがいるじゃない?」 「あ~そうか」 […続きはここから]

我慢の子

February 28, 2017 Madoka 0

先日、旅の疲れに胃腸風邪が重なり、 私がまず高熱で倒れ、続いて4才息子がすごい勢いで嘔吐しだした。 もうこれ以上何も吐くものが無いとことまでくると、 「休みたい」というので、2階にあるベッドまで運び 私も添い寝をした。 少しして7才娘が、「少しおなかがいたい」といい出したので 付き添ってあげたかったのだが、 息子の菌が移ることが心配だったのと、 そこまで深刻な様子でもなかったので、 別の部屋で休んでいるようにいった。 […続きはここから]