細切りじゃがいも炒め(青椒土豆絲)

青椒土豆丝。青椒はピーマン、土豆は中国ではじゃがいものことを指します(台湾ではピーナツのことですが)。
長細切りにしたじゃがいものシャキシャキとした歯ごたえがクセになり、箸がとまりません。
思い立ったらすぐ出来る、熱々でも冷めても美味しい簡単料理です。

青椒土豆絲(チンジャオトゥドウス)

材料 (2人~3人分)

じゃがいも 2個
ピーマン(赤でも青でも) 1/4程度
タカの爪(唐辛子でも) 少量
にんにく 2かけ
鶏がらスープの素(顆粒)or 味の素 少量
塩 小1/2位(お好みで調整してください)
砂糖 少々
酒 大1
油 大1
酢 小1
水 大1~2

作り方

  1. ジャガイモを細かい千切り(1-2mmくらいかな)にする。(スライサー使うと便利ですが、無い人は頑張って地道に切りましょう!)ピーマンも同様に切る
  2. 切ったジャガイモは水にさらした後、ざるなどにあげて水分を切っておく。
  3. にんにくを包丁の背でつぶし、適当にきる。唐辛子(タカの爪)を少々、薄い輪切りにする(種は抜いてね)
  4. フライパンに油をいれ、にんにくと唐辛子(タカの爪)を入れた後、弱火で香りと辛さを出す。辛さ調整の為、途中で唐辛子を取り出してもいい
  5. 強火にし、2のジャガイモとピーマンをフライパンに投入。食材に油が回ってきたら砂糖、酒、、塩、鶏がらスープのもとをすばやく加える
  6. ジャガイモのしゃきしゃき感を残したいので、手早く炒める。透明感がでたら最後に酢を回しいれ、ツンとした匂いを消すために強火で炒める。
  7. もしまだ火が通ってないようなら水を大匙2ほど入れ、湯気がモウモウと出たら手早くかき混ぜ火からおろす。完成。

ジャガイモが柔らかくなっては台無しなので、火にかけてからは強火で手早く。ジャガイモの種類にもよるけど、炒める工程は家庭用ガスの強火で3分ほど(電気なら、もう少しかかるかも)で。ジャガイモに透明感が出たらOK。但し、ジャガイモは生ではお腹を壊すので、十分気をつけて下さい。火が通っているかどうかは、透明感がポイントです。透明感が出ていないのは、生ですので、絶対食べてはいけません。
じゃがいもは、RussetでもYellow Potatoでもおいしく作れます。ただ、Russetは火が通りやすく、じゃがいものほくほく感が出てきやすいので、私はYellowが好きかな。

えー、また動画を作りました。
今回は娘にアフレコさせた部分がかなりいい加減なのと、
友達が来たときに作っているところを撮ってもらったので、
仕上がりが、いつもにも増して、なんとも言えない感じになっています。
でも手順はこれで分かると思いますので、作りたいと思った方は、動画をみてみたら少しわかり易いかもしれません。

↓ここをクリックしてもらえると嬉しいです。ブログ村というものにつながり、私のブログを読んでもらえる機会が増えます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ