バレンタインに!折り紙ハート 手作り折り紙ピアス

低学年のお子さんをお持ちの親御さんは分かると思うんですが、
こちらって、バレンタインの日に学校で皆にカードとチョコを配る習慣がありますよね。
実は昔、リンツのこのLindorミルクチョコレートをクラスの皆に配ったのですが、

アレルギーをお持ちの親御さんからお叱りを受けました。
これ、材料自体にはナッツは入っていないものの、よくみると、
may contain nuts のような注意書きがあったのですねー。

この一件があってから、食べ物ではなく、折り紙を配ることにしています。
毎年、簡単なハート❥を娘が自分で折って、クラスメートの名前をつけて配っているのですが、
今年は娘ももう8歳ですので、すこし難易度の高いものを選んでみました。
(下の動画は私が作ったものではありません。)

大きいハートの真ん中に小さなハートが羽ばたいているように見える、
ダブルハート❥♡❥
私も娘に教えるために覚えました!
最初は手間取って15分くらいかかったのですが、
今は手の動きも滑らか、職人のようです。


コツは、全ての折り線をきっちりつけていくこと。
一番の難関が正方形の折り目をたたむ所だと思いますが、
これさえクリアできればあとはひとつひとつ、折り目ごとに丁寧に折っていけば大丈夫!

バレンタイン、チョコが無くてもこんな形で気持ちは伝えられますよね。
むかーし、よく手作りチョコをつくったものです。
あれってなんなんでしょうね、ただチョコを溶かして固めただけっていうあれ。
今思うと、毎年おんなじ男の子に何年にもわたり、
あの固めただけチョコを送り続けたのは
もう嫌がらせに近いんじゃないかというレベル、ううう。
あのときこんな素敵な折り紙を知っていたら、
絶対折っていただろうなあ。
全ての折り目に念をいれて❥ああこわい

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

折り紙、といえば先日トロント日本文化会館であった
日本人のお正月会でみつけた可愛いピアス!

こーんなちっちゃな手裏剣をどうやって作ったんだろうと感服します。
興味のある方はこちらのinstagramを覗いて見てくださいね!

そしてそして、
紙でクリエイティブなものを作るひとといえば、
IZUMIさん
ほのぼのとした可笑しさと親しみのある作品を精力的につくっていらっしゃいます。
私はIZUMIさんの作品の大ファンなのですが、
ぜーんぶ新聞紙でつくられているのですよ。

最近は鳩とのコミュニケーションもはかっていらっしゃるとても可愛らしいお方です。

マイブームはハト ・ おはようございます 新聞の人のブームはハト🐦 リュックの中に作品を入れて獲物を探し歩きます。 ・ 自分の作品がハトと馴染んでいる光景に自己満足です。人混みの中、思いきる勇気が必要ですが、一つできると大変満足です。 ・ 通りかかる観光客が 『あのハト、ジッとしてるわぁ、逃げないで可愛いわぁ』 『人間に慣れているのねぇ…』などなど 色々な声が聞こえてきました(^^;; ・ 『これは新聞紙で出来た造形物なのです』とお話しすると、みんな笑顔になります。 ・ あなたのマイブームは何ですか? ・ #マイブーム #新聞紙工作 #新聞紙アート #造形 #勝手にコラボ #愉快 #ハト #幸せの象徴 #子どもはハトが近づくと喜ぶ #追いかけない #じっと待ってる #自己満足 #和む #善光寺 #長野 #新聞の人 #信州 #観光地 #笑顔 #スマホ撮影 #しばらく続くマイブーム

A post shared by IZUMI (@izumi236632) on

ぜひ、新聞紙ピアスも作って欲しいなあ。

それでは皆様、Happy Valentine’s Day !
よき日になりますように。

↓ここをクリックして応援してもらえると嬉しいです。ブログ村というものにつながり、私のブログを読んでもらえる機会が増えます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*