小学生サマーキャンプ 料理編

こちらは6月末からすでに夏休みです。ぜんぜん暑くないけど休みです。
休みとはいっても、娘はすごく忙しく過ごしていたりします。
先週はクッキングキャンプ、
今週はホテル主催のサマーキャンプ、
来週か3週間、テクノロジーと数学とアートのキャンプ。

キャンプというと泊りがけでテントはってと想像しがちですが、
こちらで一般に言われるサマーキャンプというのはたいてい
毎日9時から4時くらいまで子供達が集まって、
集団でゲームや運動などの活動をするものになります。
ダンスや体操、演劇、サッカーなどテーマが絞られているキャンプもあるし、
スポーツ全般なんでもなどというのもあります。

先週参加した料理をテーマにしたキャンプでは7才から12才までの子が集まり、
料理、クラフト、水遊び、その他ゲームをやったようです。
料理とはいっても、おそらく安全上の考慮から
包丁すら握らせてもらえないので、メニューは

ピザマフィン、チリ、マシュマロクッキー、スノーボール、マカロニチーズ

こんなかんじ。今度は自分で作れるかな?

面白かったのが、この娘オリジナルスパイス。

自分だけの世界でひとつのオリジナルスパイスを調合してみよう、ということらしく、
娘のには
カレーパウダー、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、バジル、イタリアンシーズニングなどと書いてあります。
魔女みたいな気分で調合したんでしょうか。。。
早速夕飯に使わせてもらいましたよ。
もともと鶏肉白菜を和風の出汁でとろとろ煮ようと思ってたんですが、
急遽変更。
鶏肉に娘のスパイスを揉みこんで、ソテーした後白菜と一緒に炒め煮にして最後にチャイブをパラパラ。
娘も、自分が調合したものだから、美味しい美味しいとよろこんで食べてくれました。

私もそういえば、小学生のときに5回コースくらいの料理教室に行かせてもらったことがあります。
すっかり忘れていたけれど、いま突然よみがえりました。
その時の揚げドーナツを食べたときのイーストの香りと
しっかりした卵の味とかまだ思い返して舌と鼻で再現することが出来ています。(今!)

小学生のときの記憶ってなんかすごく残りますよね。
私は小学校の同学年の人の名前、同じクラス違うクラス関係なく、
話したことない子さえ全員フルネームで覚えていました。
20代までは余裕で覚えていたのですが、
残念ながら子を生んでからは抜け落ちちゃってるかなあ。
記憶の仕組みって面白いですよね。
わりと新しい記憶ってすぐに薄くなっちゃったり消えちゃったりしますが
小さいころの記憶ってどこかにしっかりしまわれて残っている。
そんなことってないですか?

このカレー味のスパイスも娘が何かの拍子に思い出せるような味になるのかな?

↓ここをクリックして応援してもらえると嬉しいです。ブログ村というものにつながり、私のブログを読んでもらえる機会が増えます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*