カロリーオフ♡ターキーミートボールでイタリアンウェディング

先週暖かくなったと思ったらまたマイナス20度の世界に逆戻りしてしまいました。
寒い冬はやはりスープで温まりたいですねぇ( 〃 ❛ᴗ❛ 〃 )
今日はあまり厳しくないダイエットメニューからターキーのイタリアンウェディングスープをご紹介します。
私は北米にきてはじめてターキーをいただいたのですが、皆さんはいかがでしょう?
脂質の少ないターキーですが、スープに入れると
深みがありながら重くならない、とてもいいおだしがでます。
今回はこのターキーのひき肉でミートボールを作るのですが、
細やかな肉質のおかげで団子にしても食感がやわらかく美味しいです。
なめらかな舌ざわりなのでお子様でも歯の悪い方でも食べやすい一品となります。

ターキーが無い方は、食感が少しかわってきますが、
鶏ひき肉でももちろんおいしく出来ますよ!
(日本ではなかなかターキーが手に入らないので、鶏肉でも大丈夫ですよ。)

さらにEgg pastaやAcini di Pepeを少し加えるとヌードルスープになり、
これ一品でお腹も満足になります。
 

ターキーミートボールのイタリアンウェディングスープ 

材料 4人分

[ミートボール]
ターキーのひき肉(Extra lean minced Turkey) 300g
玉ねぎ 1個
卵 1個
パン粉 大匙3
パルメザンチーズ 大匙3
塩コショウ 適量

チキンストック 約1.5リットル
ほうれん草 又はエンダイブ(Endive)などのクセの少ない葉物野菜 適量
人参 1-2本
(リーク お好みで)*私は入れないことが多いかな

小さいパスタ Acini di Pepeやエッグヌードル お好みで

作り方

  1. 【野菜の下準備】
    ・たまねぎは二つに切ります。半分を摩り下ろし、半分をみじん切りにして茶色になるまで炒めてください。
    ・人参は薄切りか細切りに。
    ・ほうれん草は下ゆでして食べやすい大きさにしておきます。
     エンダイブの場合は茹でずに食べやすい大きさにきっておきましょう。
    ・リークを入れる場合は細く切ってオリーブオイルでよく炒めておきましょう。
    ↓写真の緑野菜はエンダイブ
  2. 【ミートボールの作り方】
    ターキーのひき肉と摩り下ろしたまねぎ、溶いた卵、パルメザンチーズを一緒にして粘りがでるまでよく捏ねます。

  3. パン粉と炒めた玉ねぎ、塩コショウを入れ、再びよく捏ねます。
    塩加減はすこーし強めのほうがスープには合うと思います。
    *味付けが心配でしたら、味見のために少し取り出し電子レンジやフライパンで火を通してみると確実ですね。
  4. お好きな大きさの団子状に丸めていきます。通常イタリアンウェディングといえば小さめのお団子ですが、わたしは少し大きめの食べ応えのあるサイズで作っています。

  5. 鶏のスープを沸かします。
    わたしはPCのオーガニックチキンストックを水で薄めてベースにし、鶏骨などでだしをとったものを使っています。
    でもこのチキンストックとターキーのミートボールだけでもだしがよく出ますので、十分おいしくできます。
  6. そこに人参、エンダイブと炒めたリーク(入れたい人のみ)を投入し
    (ほうれん草の場合は最後に入れればOK)、
    人参が軟らかくなるまで煮たら
    ミートボールをスープに入れていきます。
  7. ミートボールに火が通れば完成です。
    パルメザンチーズを上からパラパラとかけていただいても美味しいです。
    透き通った透明のすっきりしたスープでありながら、奥深い味わいを感じることができる一品になりました。
    是非お試しを!

    (補足)
    通常ターキーのひき肉は450g-500gで売られているので、
    私は以下の分量で多めにミートボールを作り、
    スープで必要な分以外は、トマトパスタに入れたり、サラダと一緒に食べたりしています。
    参考まで!

    [ミートボール 450g 1パック分]
    ターキーのひき肉 450g
    玉ねぎ1.5個 または小2個
    卵 全卵1個と白身のみ1個
    パン粉 大匙5弱
    パルメザンチーズ 大匙5弱
    塩 小さじ1位
    胡椒 適量

    ↓一日一度ここをクリックして応援してもらえると嬉しいです。
    ブログ村というものにつながり、私のブログを読んでもらえる機会が増えます。
    いつもいつも応援してくださる方、本当にありがとうございます!!!

    にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

    ↓それから、はてなブックマークをいれる試みをしています。こちらも押してくださると記事をより多くの人に読んでもらえるらしいです。よろしくお願いします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*