トマトと卵の中華炒め 特別に応用編もつけちゃう

久々のレシピです。今回のは簡単中華の家庭料理です。
使う食材もトマトと卵のみ!!で、10分で作れますが味はバツグン、ご飯ともよく合います。

番茄炒蛋/西红柿炒鸡蛋(トマトとふわとろ卵の中華炒め)は
中国家庭料理の定番中の定番ですが、
家庭によって本当にさまざまな味があり、食感があります。

我が家のは卵がふんわり、水っぽくならないように工夫したレシピとなります。

 番茄炒蛋/西紅柿炒鶏蛋(トマトと卵の中華炒め)

作り方

1. トマトを食べやすい大きさに切ります。

2. 油(分量外)をフライパンにしき、強火でトマトを炒めます。

3. その間に別のフライパンで半熟スクランブルエッグを作ります。

4. 油(分量外)は多めにしき、熱くなったフライパンによく溶いた卵を入れます。
 強火ですぐかき混ぜずに卵が油を吸ってふんわり浮いてくるのを待ってから
 手早くかきまぜて半熟に仕上げます。
 半熟のスクランブルエッグは別の皿に一度取り出しておきましょう。
*ポイント
卵を必ず別のフライパンで炒めてから一緒にします。
そうでないと、べちゃべちゃ水っぽい出来上がりになり、美味しさも半減します。

5. トマトにもどります。大体、これくらいまでトマトが崩れてきていたらOKです。

 砂糖と塩、味の素を入れて味付けします。(味の素は入れなくても大丈夫です。でも中華料理といえば味の素が入っているんですよね。。。)

6. 5のフライパンに卵を戻しいれ火を消します。

 全体を数回くるくる掻き混ぜ、卵は余熱で火を通します。最後に葱か香菜を入れて完成!

あっという間ですよね?
ここまでは実はcookpadにも載せている人気のレシピなのですが、
今回は夏バージョンということで、
にんにくと豆板醤を使うピリ辛アレンジバージョンも載せますね。



微辣版☆番茄炒蛋(トマトと卵の中華炒め ピリVer.)

材料 (3-4人分)
 *基本バージョンとほぼ同じですが、胡瓜を足しても美味しいです
 トマト(小~中) 3個
 卵(L) 3個
 胡瓜 3cmほど
 にんにく 1かけ
 豆板醤 または老干妈などのラー油調味料 小さじ1/2
 砂糖 小さじ1
 塩 小さじ1/3程
 味の素(無くても可) 少々
 酢 少々
 葱かコリアンダー(パクチー) 適量

1. トマトを食べやすい大きさに切ります。胡瓜は少し薄めの輪切りにします。

2. 油(分量外)をフライパンにしき、にんにくと豆板醤
 または老干妈などのラー油調味料をいれ香りを出します。

3. トマトと胡瓜をいれ強火で炒めます。

4. その間に別のフライパンで半熟スクランブルエッグを作ります。
 作り方は基本バージョンと同じです。半熟のスクランブルエッグは別の皿に一度取り出しておきましょう。

5. トマトと胡瓜のフライパンにもどります。
 砂糖と塩、味の素を入れて味付けし、強火で最後に酢を少々回しいれます。

6. 5のフライパンに卵を戻しいれ火を消します。
 全体を数回くるくる掻き混ぜ、卵は余熱で火を通します。最後に葱か香菜を入れて完成!

 

上の写真はトマトを炒める時間が少し足りなかったかな~。
炒めたきゅうりの触感が加わり、ピリ辛で食欲をそそる一品となりました。

ぜひお試しあれ!

↓ここをクリックして応援してもらえると嬉しいです。ブログ村というものにつながり、私のブログを読んでもらえる機会が増えます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*