呼び名あれこれ

May 6, 2017 Madoka 0

「まどかさん」と言われると、うふっとなる。いや、昔はなっていた。 「苗字+さん」、じゃなくて、「まどかさん。」 「もりさん」だと一定の距離感のある無味乾燥な呼びかただけれど、 「まどかさん」になると距離がだいぶ縮まるし、自分のグレードもちょっと上がった感じがする。 仕事上でも個人間でも年上の方とお付き合いする機会が多かったが、 ちゃんとしていない自分が一人前の呼びかたで呼んでもらえることがくすぐったかった。 しかしあまり親しくもない年上の男性から「まどかちゃん」と呼ばれると、なんとなくムッとした気持ちになったりした。 子ども扱いしてほしくないし、キャバ嬢みたいなのがいやだった。 「まどかくん」はいい。リスペクトがある。 反対に、年上の女性からは「まどかちゃん」と呼ばれると少し嬉しかったかな。女性に甘えたかったのかもしれない。甘えられる信頼の置ける人や私の小さい頃を知る人であれば、年上男性でもそう呼ばれるのは心地よいものであったりもする。 […続きはここから]

雲と私

May 3, 2017 Madoka 0

雲を眺めるのがすき。 昔からいつも雲とか空ばかりみている気がする。 筆でさらっとかいたようなすじ雲の線の味わいを楽しむのもいいし、 ぽかりふわりと浮かんでいる積雲はのどかでうれしい気分になる。 迫りくるような入道雲のもくもくは何か起こりそうでなんだかドキドキ。 雲の割れ目から突き抜けた太陽の光が四方を照らし始める様子はなんとも神々しくていい。 最近体調不良。天気もどんよりとしている。 雲が空全体を覆い、雲の形も見えなけりゃ空の青もなし。 もやもやの白が自分の中にもはいってきて侵食されてしまった。 もう何日も。 […続きはここから]

ちょっとだけ

April 3, 2017 Madoka 0

以前の記事我慢の子で、 病気の息子を優先して看病し、娘を後回しにせざるをえなかった話を書きましたが、 今晩のよみきかせで、これを読んで、と娘がもってきたのはこの本でした。 『ちょっとだけ』 瀧村 有子/鈴木 永子 弟ができてお姉さんになったなっちゃんが、 忙しいお母さんに迷惑をかけないように 色々なことをちょっとだけ我慢をしながら ひとりでできるように頑張って […続きはここから]

ペット ~~風をあつめて

March 12, 2017 Madoka 0

うちの子供達は小さいころから生き物が好きなようです。 娘は4,5才の頃からバッタ、アリ、ハエなどの昆虫を手なずけていましたし、 テレビもディスカバリーチャンネルの弱肉強食の動物社会を見ながら 姉弟抱き合って、”弱い”動物側の応援をしていました。 実際は、”弱い””強い”に関係なく動物全般が好きなようですが。 そんな子供たちですが、 (とくに娘が)ことあるごとにペットを飼いたい、ペットを飼いたい、 と哀願してくるので、そのたびに、 「うちには(コンポスト用の)みみずがいるじゃない?」 「あ~そうか」 […続きはここから]

我慢の子

February 28, 2017 Madoka 0

先日、旅の疲れに胃腸風邪が重なり、 私がまず高熱で倒れ、続いて4才息子がすごい勢いで嘔吐しだした。 もうこれ以上何も吐くものが無いとことまでくると、 「休みたい」というので、2階にあるベッドまで運び 私も添い寝をした。 少しして7才娘が、「少しおなかがいたい」といい出したので 付き添ってあげたかったのだが、 息子の菌が移ることが心配だったのと、 そこまで深刻な様子でもなかったので、 別の部屋で休んでいるようにいった。 […続きはここから]

袖振り合うも

February 2, 2017 Madoka 0

よく拝見しているブログに、学校関係やママ友との付き合いのことが書かれていました。 日本にいると、付き合いで飲み、付き合いでランチ、 属する社会でうまくやっていくためには、そういうのが必須、 みたいになっていて大変ですよね。 カナダでは、その点、少し楽だな~、と思います。 カナダの学校で一番よいのは、 ■親同士の面倒くさい付き合いが少ない ■子供の手作りバッグとか名前つけとかそういう(不器用な私にとって)面倒な作業をやらなくてよい もうこの二点だけでね、カナダ移民してよかったと思います。 お子さんのいる方で、 […続きはここから]

雨氷のある景色

January 18, 2017 Madoka 0

雪が一度溶けかけて夜のうちにまた冷え込むと、一晩で世界が凍りつき、この世はクリスタルに一変します。 オンタリオの田舎、アリストンでは昨日、今日とsnow day。 (冬の日に雪などでバスを運転するのに支障がでる交通事情の場合、学校に行かなくていい日です) 実際のところ、雪、が問題なのではなく、凍結した路面が滑って怖いんですよね。 今日はタイヤの足元凍った地面にバスタオルを敷いて発車させるという技を初めてみました。 校庭はスケートリンクと化していました。 大きな石が氷に覆われていました。 今日は残念ながら曇りで、いい写真が撮れなかったのですが、 去年の雨氷の写真があるので載せてみようと思います。 […続きはここから]

それでもまた母になりたい

January 14, 2017 Madoka 0

子らを学校に送っていった帰りに友人に出くわした。 つるつるとおぼつかない足元の中、話すのもなんだったので うちに誘ってみたら、待ってましたとばかりに彼女は車に乗り込み一緒に我が家に向かった。 車の中でも、とにかくしゃべる。 わたしは、とにかく聞く。 友人はうちの夫の女版みたいな性格なので、 私とはまるで違うのだが、何故か 時間ができると学校の送り迎えの帰りに我が家にふらりと寄っては、 台湾烏龍茶を飲みながら2時間ほどしゃべり倒して、帰っていく。 彼女は大変な努力家で […続きはここから]

反逆の7才娘

January 8, 2017 Madoka 0

吾子の歯が生え初むったのだのなんだのと 喜んでいたのは遠い昔のいつの日か。 先週前歯が一本抜けて山姥のやうなので、 慎むようにいっているのですが、 その歯抜けの口を開けば 「パパ、くさいし。 筋肉とかカッチカチなのキモチ悪い。」 「ママだってやってないじゃん。」 「え?しってる。」 ここここんな言葉がでてきます。 […続きはここから]

無事新しい年を迎えることができました

January 1, 2017 Madoka 0

新年あけましておめでとうございます。 カナダのいなかにいると、花火も上がりませんし、 除夜の鐘もないですし、 正直いって新年の雰囲気は全くありませんよね~。 クリスマスの余韻がだらだら続いている、という感じで。 これらもまだ腹に残っている気がします。 うちでは、クリスマスの煌びやかさも棄てがたいので、 赤白クリスマスの飾りを残しながら、 紅白お正月飾りを出しました。 さらに、平時から玄関をにらみつけている厄除けの彼↓が […続きはここから]